デフォルトゲートウェイ とは

 デフォルトゲートウェイとは、ルーティングに使うルータの一種。ルーティングは、パケットを送信元から宛先までどういった経路で送信するかを制御すること。

ルーティングの方法は2種類

 ・直接ルーティング:送信元から宛先に直接 
 ・関節ルーティング:ルータにパケット中継を依頼

 コンピュータにパケットをどのような方法で送るかは、コンピュータ内にある「ルーティングテーブル」を使って判断する。ルーティングテーブルには、どのLANカード(ネットワークインターフェイス)を使って、どのルータからどのネットワークやコンピュータにパケットを送信したらよいか基準となる項目が登録される。

 ネットワークインターフェイスは、それぞれの異なるサブネットに接続できる。それぞれのサブネットはルータを中継点として、外側のネットワークにつながっている。この中継点が ゲートウェイだ。

 直接ルーティングの場合は、サブネット内のコンピュータにパケットを送るときにつかう。同じサブネット内にあるコンピュータであれば、ルータがなくてもEthernetとARPの仕組みだけででーたを送信できる。

 直接ルーティングできない場合

 間接ルーティングを用いる。3つある。「ホストルート」「ネットワークルート」「デフォルトルート」

「ホストルート」:送信元コンピュータ→ルータ→宛先コンピュータ

 社内LANのサーバ をIPとサブネットマスクで指定し、特定の経路をルーティングテーブルに登録し固定すること。

「ネットワークルート」:送信元コンピュータ→ルータ→宛先ネットワーク

 ホストではなく社内LAN全体のIPとサブネットで指定すると特定のネットワーク経路を指定できる。

「デフォルトルート」:送信元コンピュータ→デファルトゲートウェイ→ほかの全てのネットワーク

TCP/IP機能で適切な経路が見つからないときに使われる。コマンドプロンプトなどでroute pingを実行するとルーティングテーブルを表示できる。 デファルトゲートウェイとは、デフォルトルート用のゲートウェイのことである。