第2回 Java日記 

今日勉強したまとめ

・式は演算子(+-など)とオペランド(数字)で構成されている。

・リテラル(ソースコードに記述されている値)にも型があり記述方法で決定される。

・演算子が評価されると、その演算子とオペランドは結果に化ける。

・演算子は優先順位と統合規則に従い評価される。

型変数

・大きい変数に小さなデータを代入する際、自動的に型が変換され代入される。(大は小を兼ねるの原理。大→小はほぼ不可能)

・小さな変数に大きなデータを代入する際、キャストを行うことで代入可能。

・式の評価時、大きなデータにそろえるように自動的に型が変換される。

命令の実行

・Javaに用意されている、さまざまな命令を実行することができる。

今日の発見(Javaに関係ない)

・エクセルを使用中重いな?ホワイトアウトしてしまう。などあったら

エクセル→オプション→詳細設定→ハードウェアグラフィアクセラレータを無効にする    (デフォルト設定だと有効になっている。)

ことで高性能なグラフィックボードを使っていないPCはサクサク動くようになる。

一般のPCにはオプションでグラボを付けない限りが普通のグラボがついている(macとかはそこそこのがついているのかな)。

CPU、メモリは良いがグラボが高性能でない場合エクセルがデフォルト設定であると、この弱いグラボに頼ってしまうことで力を発揮できないケースがある。良いCPUに全振りすることでサクサク動くわけである。

第1回 Java日記

Javaを学習するので日記を付けます。

Javaの特徴4つ

・学習が容易、標準的な文法

・大規模開発を支援するオブジェクト指向

・豊富に準備された便利な命令群

・多様なコンピュータで同じように動作する汎用性

プログラミングの基礎知識

フロー

1.プログラムの入力(コード作成)

2.コンパイル(機械語に訳、検査)

3.実行(結果の表示)

コード作成

public class Main {

public static void main (String[] args) {

system.out.println(“プログラミング開始”) ;

}

}

コンパイル

実行

プログラミング開始

system.out.println(1+1) ; などにすると実行結果に2など表示される

変数

int x;

x=4;

system.out.println(x+2) ; などにすると実行結果に6が表示

ポイント:ソースファイルはクラス名